PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

コスパ最強のオススメ外付けハードディスクを紹介!

f:id:ooparts100:20210831203115p:plain

パソコンやレコーダーを使っていると保存容量は増えていきがちですよね。最近はSSDが主流となり250GBといった低用量の物が多くなっています。

でもデータの保存場所を確保するのは簡単! 外付けハードディスク(HDD)をUSBでさせば容量をいくらでも増やすことが可能です。今回はコスパ最強のオススメの外付けHDDを紹介します!

 

もくじ

 

オススメ製品

まずはオススメの製品の紹介から。HDDの事をもっと知りたい人は下へスクロール!

【安心安全・高クオリティ!】WD(ウェスタンデジタル)デスクトップHDD4TB WDBBKG0040HBK

4TBと大容量ながらも1万円程度で購入できます。安心のWD製で、保証も2年間と大切なデータをしっかりと守ってくれます。ボディが大きめですが、デスクトップパソコンのデータ保存用に最適!

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

【コスパ最強!】バッファロー 外付けハードディスク2TB HD-AD2U3

最もコスパが良いのはこの製品!  安くてそれなりに安定した製品が欲しいならコレ。1万円以下で買えるので会社で予算が限られていたり、数を揃えたい時にも重宝します。弊社ではこの製品が支給されています。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

【持ち運びに最適】Transcend 耐衝撃ポータブルHDD 1TB TS1TSJ25M3S-E

持ち運び用の製品が欲しいならコレ! ポータブル型の鉄板商品で昔からあるシリーズの最新版です。米軍規格「MIL-STD-810G」に相当する衝撃耐性を誇り、ポータブル型特有の不安材料を払拭しています。コンパクトで軽く、持ち運びに最適です。昔に使っていましたが、トラブルなく任期を全うしてくれました!

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

おすすめメーカー

WD | Western Digital (ウェスタン デジタル)

f:id:ooparts100:20210831201219p:plain

HDDやSDDにおいて世界で最も信頼できる米国企業です。用途別にシリーズ分けしている点が特徴で、ユーザーが目的に適した製品を選びやすくなっています。外付けHDDも販売しているので要チェックのメーカーです!

 

Transcend

f:id:ooparts100:20210831201240j:plain

HDDを製造しているメーカーではありませんが、信頼性の高いWDやSEAGATE(HDDシェア1位メーカー)を採用した外付けHDDを販売しています。コスパに優れているので「外付けHDD」を選ぶならチェックしておきたいメーカーです!

 

BUFFALO

f:id:ooparts100:20210831201252j:plain

パソコン周辺機器の大手販売メーカーです。こちらもHDDを製造していませんが、低価格な製品が多いので一般家庭に広く普及しています。家電量販店に行けばまず勧められるメーカーです。

 

USBの種類

現在販売されている外付けHDDはほぼ「USB 3.0」と呼ばれる高速データ伝送が可能な端子です。しかし、安価な製品や古い製品は「USB 3.0」に対応していない場合があるので注意しましょう。

 

容量

保存するデータから最適な容量を選びましょう。例えば…

エクセルやワード、写真など軽いデータなら「〜500GB」

テレビ番組や動画、クリエイティブ系のデータなど重いデータなら「1TB〜」

と一般的には言われていますが、技術進歩により低容量な製品は減っています。容量があるに越した事はないので、気にせずコスパを鑑みて選びましょう

1TBは1000GBです。

 

保証

メーカー保証は言わば「どれぐらい耐久性に自信があるか」を見る基準になります。期間内で壊れると修理や交換を行なう必要があり、信頼も低下するので壊れないであろう期間を保証期間に設定しています。その事から選定する一定の基準となります。

 

まとめ

外付けHDDは主にメーカーと値段で選べばハズレが少ないです。容量は多くても困らないのでコスパ重視で選んでみてください。本記事を参考に皆さんの快適なパソコンライフを送れる事を願っています!