PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

おすすめコンポでハイレゾ化②【価格・音質比較編】

f:id:ooparts100:20210909165519p:plain

前回(おすすめコンポでハイレゾ化①【導入・聴き方編】)に引き続き、コンポをハイレゾ化していきます! これまではどう導入していくかでしたが、今回は実際に選択肢にあったコンポを記事にしました。

 

 

コスパのいいコンポ3選

コンポに欲しい機能として

1.ハイレゾをライン入力できる

2.USBメモリとかで直接コンポへ入力できる

が挙げられます。機能としては一般的なのでよさげなコンポを選んでみます。

 

【SONY】 マルチオーディオコンポ

CDをハイレゾ相当で再生するデジタルアンプ「S-Master HX」、圧縮音源をハイレゾ相当のサウンドにする「DSEE HX」で高品質な再生が可能。ハイレゾ音源はWi-FiやBluetooth、USB等と広く対応し高品質・便利に楽しむ事が可能です。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

【パナソニック】 ハイレゾ対応ミニコンポ SC-PMX90-S

Panasonic独自のアンプ「LincsD-Amp Ⅲ」を搭載しノイズ・歪みを低減自然でリアリティのある音楽を再現。全面にUSBメモリ用の端子がありハイレゾを再生できます。また、USB-DAC機能によりパソコン等からUSBケーブルを繋ぐだけでハイレゾ音源を再生する事が可能です。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

【ケンウッド】 コンパクトHi-Fiオーディオシステム K-515-N

原音再生」をコンセプトとするJVCケンウッドのコンポ。ハイレゾが持つ繊細なのニュアンスを豊かに再現し、安定した低域再生を実現します。全面にUSBメモリ用の端子、背面にライン入力と拡張性は乏しいですが、3万円で買えるHi-Fiコンポと考えると選択肢に入ります。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

結局買ったのは…

ケンウッド コンパクトHi-Fiオーディオシステムでした。個人的な好みですが、原音に忠実なHi-Fiに惹かれました。SONYの低音が綺麗なのもいいし、Panasonicの高音域の抜け感も魅力的なんですけどね…。

次回は購入したコンポに+αしたのと、実際にハイレゾを流した所までをつらつらと書いていきます。

 

次回↓

ooparts.hatenablog.com

 

前回↓

ooparts.hatenablog.com

 

関連シリーズ

ooparts.hatenablog.com