PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

ゲーミングPCがない? じゃあ自作しよう!【グラボ取り付け】

PCゲームの流行でゲーミングPCでの市場が急速に広がっています。そしてコロナ禍でパソコン需要が高まり半導体が高騰。ゲーミングPCが欲しくてもなかなか手が出ない時期が続いています。そこで今回は既存のPCにグラフィックボード(以下グラボ)を取り付けて、ある程度ゲームができるようにします。

 

 

取り付け可能か外見で判断する

まずグラボが搭載できるかを確認します。モニタと本体の一体型や、小型・コンパクト型は改造できません。最低限スリム型、ミニタワー型以上でないとグラフィックカードが入らないか、電力が足りません。またパソコンの背面を見て「拡張スロット」があるかも見ておきましょう。

f:id:ooparts100:20210911195626p:plain

 

f:id:ooparts100:20210911201823p:plain

 

カバーを開けて端子を確認する

次にグラボ用の端子があるかカバーを開けて確認します。たいていは背面のネジを回せば取れるようになっています。下の画像の様に細長い端子がグラボを差し込む「PCIスロット」です。

f:id:ooparts100:20210911220007j:plain

また「補助電源」があるかも見ておきましょう。下の画像の端子です。これは4つに別れた「4ピンタイプ」と呼ばれてます。パソコンによっては8つに別れた「8ピンタイプ」など何種類か存在します。グラボは消費電力が大きいので「PCIスロット」と別に電力を供給する端子がありますスリム型の場合は無いことが多いですが一応確認しましょう。

f:id:ooparts100:20210911221104j:plain


補助電源なしのおすすめグラボ

【現状で最強】玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1650

補助電源なしで一番性能が高いのがこの製品。ApexやFortniteと言った3DのFPSゲームも画質を少し下げる事でサクサクプレイできます。また、通常の3Dゲームではそれなりの画質でプレイできるのでおすすめです。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

【コンパクトでも高性能】GIGABYTE NVIDIA GeForce GT1030

スリム型でシビアなのがスペース。拡張性が考慮されてない事が多く、設計やパーツ配置によってはグラボが入らない場合も。その際はコンパクト製品を検討しましょう。この商品は非常に簡素化しているので収まる可能性が高いです。もちろん性能も悪くなく3Dゲームや4K動画もある程度快適に楽しめます

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain