PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

新OS Windows11にする

f:id:ooparts100:20211004160058p:plain

明日10月5日から新しいOS、Windows11がリリースされる。当面は段階的にリリースされアップデート可能時期はユーザーによって異なる場合がある。性能は現行のWindows10と変わらないとされるが刷新されたUI(ユーザーインターフェース)は使いやすく、デフォルトでスマホ向けアプリを起動できるとされている。

これにより年々縮小するPC事業にテコ入れし、タブレットPCやモバイル端末への影響力を強めようとする姿勢が伺える。互換性に問題なく、使いやすくなるのであれば一般ユーザーにとってはありがたい。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft

f:id:ooparts100:20211004190713j:plain

メーカーによって対応は違うだろうがMicrosoftによると新OSを搭載したPCの販売はまだ先となりそうだ。いち早く試したいユーザーはアップデートの通知に従い更新するといい。方法は簡単で [設定] > [更新とセキュリティ]の Windows Update からできる予定だ。

ただし比較的古いスペックは足切りとなりアップデートできない。しかしWindows10のサポートは2025年10月14日まで継続するので、急遽買い替えたりアップデートをする必要はないだろう。個人用PCなら壊れてから検討しても問題ない。

 

アップデートできるスペック

f:id:ooparts100:20211004160048p:plain

アップデートが可能か判断するには上記のスペック表を確認する。非常にわかりにくいがCPUで見ると「intel製第8世代Coreプロセッサ以降」「AMD製Ryzen 2000シリーズ以降」がそれに該当する。確認するには [設定] > [システム]の詳細情報 からCPU欄を参照する。CPUが対応しているかチェックしておけば、他のスペックも満たしている事が多い。

intel社製の「世代」を確認するには Core i◯- ◯◯◯ 赤文字部分を確認する。この数字がどの世代に分類されるかを示す。最新のCPUである「Core i7-11700」は第11世代だ。

AMD社製の「世代」を確認するには Ryzen ◯ ◯◯◯ 4桁部分の上1桁を確認する。この数字がどの世代に分類されるかを示す。最新のCPUである「Ryzen 9 5950X」は第5世代だ。

面倒くさい人はMicrosoftから診断ツールが提供されているここからファイルのダウンロードが可能だ(https://aka.ms/GetPCHealthCheckApp)。ダウンロードして画面の指示に従って診断を行えば判定される。

f:id:ooparts100:20211004165821p:plain

診断後「このPCはWindows11の要件を満たしています」とポップアップが出れば先程の方法でアップデートできる。

f:id:ooparts100:20211004183815p:plain

対応していないと「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」とポップアップされる。例えば私のPCのCPUは「intel Core i7 4790」なのでintel社製でいう第4世代だ。要求されている第8世代には及ばないのでアップデートできない。もちろん診断ツールでもエラーが出た。Windows10のサポート終了の2025年10月までに買い替えを検討しなければならない。

f:id:ooparts100:20211004184312p:plain

私の今週のお題「今月の目標」は新PCを選定する事だ。

 

まとめ

新しい物好きは明日の12時以降に配信予定のOSをインストールし楽しんで欲しい。一般ユーザーは様子を見て評価が良さそうならアップデートする方が良い。今回の新OSは慌ててアップデートしなくても現状のWindows10でも問題ない。

残念ながら新OSが対応していない人は買い替えを検討しておこう。Twitterではセールやキャンペーンの情報を発信しているのでぜひ活用して欲しい。

twitter.com

↓おすすめ記事

www.oopartslife.com