PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

どハマりしたゲームCivilization6

f:id:ooparts100:20211021134936p:plain

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

当ブログでは何回か触れてきたが、お気に入りのゲームがある。Civilization6 (シヴィライゼーション6)だ。本ゲームは歴史と文明をテーマにした、ターン制のシミュレーションゲーム。プレイヤーは文明と指導者を選び、古典時代から未来時代までを駆け抜けていく。いわば世界史を実体験できるゲームだ。戦略立てて指揮を取るシミュレーションゲームが好きな人にはたまらない。

Civilization6 (switch版)

1.指導者選びが面白い!

ゲームをプレイする前に自身のアバターとなる指導者を選ぶ。日本ではモンゴルの侵略から2度も撃退した北条時宗を選ぶ事ができる。中国なら始皇帝、アメリカではルーズベルトといった歴史上の偉人を選べる。

f:id:ooparts100:20211021115922p:plain

また指導者や国によって固有の特性や建設物、戦闘ユニットを保有している。日本なら固有特性「明治維新」、固有建造物「エレクトロニクス工場」、固有ユニット「侍」を有している。どれも日本を踏襲したものだ。固有の特性を上手く駆使すれば文明を大きく発展させられる。

 

2.都市の建設が面白い!

ゲームを開始すると「開拓者ユニット」を動かす事から始まる。都市は「開拓者ユニット」によって築かれる。「都市を建設」コマンドを選択するとユニットを消費して新しい都市が生まれる。2都市目以降は「開拓者ユニット」を生産する事で都市を建設できる。都市はどこでもいい訳ではなく、川のある土地に建設すると人口が増えやすい。もちろん資源が豊富なほど都市は発展しやすい。

f:id:ooparts100:20211021115949p:plain

 

3.文明が育つのが面白い!

最初は都市の中心部がのみだが、農地や鉱山を建てる事で生産力が増えていく。そうした施設を建てるには「労働者ユニット」が必要だ。都市で「労働者ユニット」を生産すれば、適正のある場所で様々な施設が建てられる。例えば「鹿」という資源があれば狩猟キャンプを建てられ、ターン毎に稼げるお金が増えたりする。

f:id:ooparts100:20211021120032p:plain

 

4.技術と文化を発展させるのが面白い!

研究施設を建てて「技術ツリー」を、文化施設を建てて「文化ツリー」を埋めていく。所定のポイントを貯めればその技術や文化が会得でき、できる事が増えていく。上記の「鹿」資源に狩猟キャンプを建てるには「畜産」を研究しなければならない。

f:id:ooparts100:20211021130947p:plain

 

5,他国との競争が面白い!

CPUも文明が発展していく。新しい技術を開発して圧巻するのか、文化的に他国と協力して発展するか選択する。新しい技術があれば新兵器を作れ、他国を制圧し国を大きくできる。他国と協力すれば貿易などで共に発展できる。しかしゲームクリアは覇権を握る事なのでいつかは見限る必要がある。

f:id:ooparts100:20211021130757p:plain

 

後編へ続く…