PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

どハマりしたゲームCivilization6 NO.2

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

前回に引き続きCivilizationVIの魅力を語っていく。

6.施設の建設が面白い!

通常のタイルに施設を建てるだけではなく、特区である「区域タイル」を建設できる。例えば「キャンパス区域」を建てると技術ツリーを伸ばす為の科学ポイントが増加し、特定の条件の立地に建設するとボーナスを得られる。時代によって区域内で建てられる建造物が増え、建設するとグラフィックにも表示される。下の青い建物は「図書館」と「大学」を建てたキャンパス区域。後の時代に最後の建造物「研究所」を建てられる。

f:id:ooparts100:20211022141507p:plain

 

7.戦争が面白い!

f:id:ooparts100:20211022144620p:plain

太古の戦闘ユニットは「戦士」や「弓兵」といった原始的なものだ。やがて硝石が使えるとマスケット銃兵(日本でいう火縄銃を装備した足軽)を使えたり、石油を生産すれば戦車や大砲といった近代兵器が使用できる。最終的には巨大戦闘ロボットで陸海空を統べる事も可能だ。マンハッタン計画を進める事で禁断の兵器「核分裂兵器」いわゆる核を使用できる。

f:id:ooparts100:20211022145052p:plain

 

8.世界遺産の建設が面白い!

太古ではアルテミス神殿といった有名な世界遺産を建築できる。世界遺産を建設する為には多大な労力が必要だが大きなボーナスをもたらす。固有の特性を有する事もあり、非常に効果の高い遺産もある。頑張って作った遺産を眺める瞬間は「箱庭ゲーム」が好きな人にはたまらないだろう。

f:id:ooparts100:20211022145219p:plain

 

9.偉人が面白い!

偉人を採用すれば文明に大きな貢献を果たしてくれる。偉人を採用するには所定のポイントを貯める必要がある。たとえばオランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホは「大芸術家ポイント」を貯める事で招く事が可能だ。作品は美術館等で展示され「文化勝利」を目指す足がかりとなる。

f:id:ooparts100:20211022164016p:plain

 

10.クリア目標が面白い!

勝利の条件は6つあり、他プレイヤーの首都を全て占領する「制覇勝利」。他の文明に先駆けて太陽系外惑星に探査船が到達する「科学勝利」。自国の宗教が、全ての国において過半数を占める「宗教勝利」。自国の国外観光客数が他文明の国内観光客数を上回る「文化勝利」。外交決議で自国の提案を採決させポイントを20貯める「外交勝利」。

戦争して滅ぼすだけがクリアではない。他国と協力しつつ出し抜くか、周辺国を蹴落として頂点に君臨するかはプレイヤー次第!

 

やめ時が解らないドハマりゲーム

最初はやる事が多く奔走されてしまうが、慣れてくればCPUを出し抜く事は容易だ。のんびりと発展した文明を眺めるのも良いし、高難易度でCPUとの発展レースを楽しむのも面白い。できる事は無限大でついつい時を忘れてハマってしまう。もう1ターン、もう1ターンと思っているうちに朝を迎えたというプレイヤーは多い。皆さんもぜひやってみて欲しい!


おすすめ記事

Twitter