PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

超わかりやすいNISA導入編

【資産形成シリーズ】第1弾「NISA導入編」

f:id:ooparts100:20211028171600j:plain

皆さんはNISAを知っていますか? オトクに株や債券といった金融商品を買うことが可能です。でもよく解らない…という人が多いのではないでしょうか? 今回はNISAを始めるのにあたって必要な事を解りやすく説明します!

NISAとは

「少額投資非課税制度」の事で、2014年1月にスタートした税制優遇制度です。一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になる。つまり株で稼いでも税金がかからない制度です。

また、国が主導して行う制度なので手数料といった費用が少ないのも魅力的です。簡単に言えば、金融商品を買う時のデメリットが非常に少なくなるとてもオトクな制度です。

通常の「NISA」以外にも、コツコツ毎月一定金額を投資する「つみたてNISA」、未成年者を対象とした「ジュニアNISA」があります。

 

金融商品って?

銀行や証券会社、保険会社といった金融機関が販売する、お金で利益を得る商品たちの事です。預金、投資信託、株式、債権、保険など。

例えば、A投資会社が販売する「Aファンド」という金融商品があります。「Aファンド」を購入する事で、A投資会社にお金を集めて株の運用を行います。これが投資信託です。自ら投資せず皆から集めたお金を専門家に信託して運用を行います。

NISAではこういった金融商品を購入して資産の形成を狙います

f:id:ooparts100:20211028181831p:plain

NISAした方がいい理由・メリット

非課税で資産運用ができる

通常、金融商品などで利益が出た場合は20%ほど税金として徴収されます。しかし「NISA口座」を開設し、その口座内で購入した場合は利益が出た際の税金がかかりません! 例えば1万円の利益が出た場合、税金として収めるハズの2000円が手元に残ります。投資する額が増えるとさらにオトクです!

手数料が安い

金融商品を買うには「購入手数料」「信託報酬」といった費用を投資会社に支払います。しかし国の制度なので原則「手数料」は無料「信託報酬」も少額にするように設定されています。なので普通に株を買うよりオトクなのです

なぜこんなにオトク?

以前「老後資金が2000万円必要」だと話題になりました。そして日本の所得は30年前からほぼ変わらず、物価や税金などを鑑みるとむしろ減っています。そこで国民にも資産形成をしてもらおうと成立したのが「NISA」です。なので初心者でも簡単に運用できるように、国がオススメの金融商品が揃えられているのです。所得が減る分、投資信託で補いましょう!

f:id:ooparts100:20211028174124j:plain

デメリット・注意点

メリットだらけのNISAですが注意点もあります。

1つ目は「損する場合がある」事でしょう。良い金融商品を選べば安定したリターンを得られますが、成績が良くない商品だと投資した額より減ってしまいます。

2つ目は元手となるお金が必要です。最近では100円から金融商品が買えますが、儲かって2倍になってもリターンは200円です。

3つ目はNISAには投資の上限額があります。一般NISAでは年間120万円が上限で、5年間だけ非課税です。つまり5年経ったら金融商品を売却するか、ロールオーバーするか、通常の口座に移すかを選択しなければなりません。つみたてNISAは年間40万円が上限で、20年間が非課税です。

詳しくは下の記事を参考にしてみてください

 

オススメの金融商品

【一番人気!】インデックス投資

特定のチャート(指数)と連動して投資する投資信託です。例えば日本には「日経平均株価」というチャートがあります。これは日本の代表的な225社の株価を平均値とした指数で、このチャートの動きに合わせて投資します。つまり「日経平均株価」が上がれば儲かり下がると損するという非常に解りやすい投資方法です。

状況によって一時的には下がるものの、長期的には多くのチャートが上がるだろうと考えから生まれた投資法です。下の図は日経平均株価ですが、5年前と比べて徐々に成長しているのが解ります。

他にも日本では「TOPIX」、アメリカでは「ダウ平均」、中国では「上海総合指数」と様々なチャートが存在し、それと連動してインデックス投資を行う投資信託が販売されてます。

f:id:ooparts100:20211028171906p:plain

 

【未来への投資】ESG投資

近年登場した投資方法です。ESGとは環境、社会、ガバナンスの頭文字を取って作られた言葉です。よくニュースで気候変動や人権問題といった、世界的な社会問題が話題になります。これらの対策ができている企業は長期的にも成長するだろうから、投資してもリスクが少ないだろうという発想です。各国で気象変動への対策が取られておりこれから成長しそうな分野です。

f:id:ooparts100:20211028172505j:plain

 

始めるには

NISAは簡単に始める事ができます。

  1. NISA口座を開設
  2. 金融商品を購入
  3. 保有し続ける

の3ステップをクリアするだけ! NISAは長期的に投資する様に設計されているので、株価が下がっても慌てて売却しないようにしましょう。

 

最後に

まずはNISA口座を開設してみてはいかがでしょうか。NISAは一歩踏み出す勇気があれば簡単に始められます。皆さんもNISA儲けられる事を願ってます。これからNISAの記事を拡充させていきますのでよろしければご覧ください!

私がオススメする松井証券では「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」全てに対応しており、投資初心者でも解りやすいサービスが充実しています! サポートもしっかりしているので困ったら電話で聞けるのも嬉しいです。手続きがネットでできるのもポイントです。

今なら様々なキャンペーンでさらにオトクに。詳しくはココをクリック!  

 

次回→【資産形成シリーズ】第2弾「NISA解説編」

Twitter