PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

各NISAの種類と違いを解りやすく!

【資産形成シリーズ】第2弾「NISA解説編」

f:id:ooparts100:20211028171600j:plain

前回ではNISAで投資するにはどうすればいいかを記事にしました。大まかな概要は前回で掴めたと思います。今回はNISAについてもっと詳しく解説していきます。

前回→【資産形成シリーズ】第1弾「NISA導入編」

 

そもそもNISAとは

一定の制限内で、株式や投資信託の売却益と配当への税率を非課税とする制度です。つまり投資して利益が出ても税金を払わなくてもいい制度です。通常であれば得た利益の内20.315%が税金として徴収されるので、この差額は大きいです。

 

NISAは4種類!

一言でNISAと言っても種類があります。自分にあったNISAを選んで無理なく資産形成を行いましょう!

種類 投資可能金額 非課税の期間 概要
一般NISA 120万円/年 5年 NISA対応の株式や投資信託を購入できる
新・NISA ? ? 一般NISAから移行
つみたて(年20万円)+一般(年102万円)のハイブリットの予定
つみたてNISA 40万円/年 20年 毎月一定金額の投資信託を年間40万円まで購入し、20年間積み立てる
ジュニアNISA 80万円/年 18〜20歳 18歳までの子供名義の口座で運用し、年80万円まで購入できる

 

一般NISA

株や投資信託を買い付けます。投資可能額が一番多く、年間で120万円まで投資できます。生活資金とは別に、自由に使えるお金がある人が向いてます。金融機関でNISA口座を開設し、金融商品を買うことで利用できます。

一つの金融商品を最大で5年間保有できますが、期限が来ると売却する通常の口座に移すか選びます(ロールオーバーは不可能)。5年以内に売却する事も可能ですが、投資可能額が回復する事はなく絶対的に年120万円までしか購入できません。たとえば「Aファンド」を120万円購入し半年で利益が出たので売却したとしても、その年では新たに購入ができません。また、一度に保有できる金額は最大で600万円です。

f:id:ooparts100:20211029105250p:plain

(出典:NISAの概要|金融庁)

新NISA(2024年開始予定)

2024年から開始予定の「一般NISA」と「つみたてNISA」を合わせたハイブリット型です。長期投資に向いている商品と短期投資に向いている商品を組み合わせる事で効率よく利益が得られると思います。今後の情報に期待です。

一般NISAは2023年までの制度なので最長2027年まで運用が可能です。終了後は新制度の新・NISAに移行される予定なので、気にせず投資しましょう

 

つみたてNISA

毎月一定の金額の金融商品を買い続けます。投資可能額が少なく年間で40万円までしか投資できませんが、非課税期間は20年と長期の投資が可能です。たとえば「Aファンド」を3万円で契約すると、毎月「Aファンド」を3万円買い続けます。この買い続けるというのがポイントで、この投資法を「ドル・コスト平均法」といいます。

毎月コツコツと少額を投資するので、手元資金が少なくても投資が可能です。長期投資なのでインデックス投資と親和性が高く資産形成に向いてます。NISA口座を開設し、つみたてNISAに対応した金融商品を購入し、毎月自動で買付ける手続きを行うと利用できます。

 

ジュニアNISA

18歳までの子供名義のNISA口座で株や金融商品を買い付けます。年間の投資可能額は80万円で、18歳以降に引き出す分は非課税です。それまでに引き出すと課税されます。また、20歳になると通常のNISA口座に変わります。長期投資になるのでインデックス投資が安定しそうです。自由度があり、長期間保有するので戦略的な要素が必要です。

 

最後に

お金がある人は「一般NISA」。資金に余裕が無い場合や長期投資がしたい場合は「つみたてNISA」がおすすめ。お子さんがいらっしゃるご家庭は「ジュニアNISA」も合わせて検討しましょう。

「一般NISA」は2023年までなので早めにご検討ください! せっかくオトクな制度なので活用しない理由はありません。

そこでオススメする松井証券では「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」全てに対応しており、投資初心者でも解りやすいサービスが充実しています! サポートもしっかりしているので困ったら電話で聞けるのも嬉しいです。手続きがネットでできるのもポイントです。NISAを始めるなら松井証券がオススメです。

今なら様々なキャンペーンでさらにオトクに。詳しくはココをクリック!  

次回→【資産形成シリーズ】第3弾「運用基礎編1」

 

Twitter