PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

通信速度が遅い時はルーターを買い換えよう!

タイトルの通りです。家のネットが遅い時はルーターを買い換えると解決する事が多いです。ネット会社からのレンタルや古くなったルーターは新調すべきでしょう!

 

 

まずは測定

下記のサイトにアクセスしてネット環境をテストしてみましょう。目安としては100 Mbps以上は高速、100〜10Mbpsはまあまあ、10Mbps以下は低速です。

↓私の環境はこんな感じです。

f:id:ooparts100:20211110155700p:plain

100 Mbps以下なら買い換え

基本的に光回線を契約していれば100Mbps以上の高速通信が可能です。ですので100 Mbpsが目安となります。遅い原因はルーターが古いかスマホ・パソコンが古いかです。しかし賃貸でネット環境があり、壁から直接LANケーブルを接続するタイプはどうしようもないです…。

 

コスパの良いルーター

最近はWi-Fi6が登場し、広範囲・高速度を謳った製品が多く登場しています。しかしスマホやパソコンがWi-Fi6に対応している必要があり、回線がネックとなり思うように速度が出ないことも。そこでAmazonで販売されているコスパの良いルーターを選んでみました!

バッファロー 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2/N

安くてそれなりのルーターをお探しならこの製品。価格が3000円帯と低コストながらも安定した接続と速度が出ます。ルーター買うならとりあえずコレと決めてしまってもいいぐらいでしょう。まずはコレを買って不満があれば買い換えもアリです。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

NEC 無線LANルーター "Aterm" WG2600HS

安定感のあるNECのルーター。他の製品より若干値段は高いですが、独自の機能により接続不良になりにくく複数端末での同時接続に優れています。一軒家なら設置した階はカバーでき、家族でネットを使うならこの製品でしょう。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

ケーブルも見直そう!

ルーターが良くても接続するケーブルが良くないと速度が低下します。

 

まとめ

通信速度を決めるのはルーターとLANケーブルです。また、機材を揃えてもスマホやパソコンのスペック、そもそものネット環境で上限が決まります。

 

Twitter