PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

災害時にラジオはいるのか? スマホで防災するべき

f:id:ooparts100:20211112171422j:plain

防災グッズとして有名なラジオ。ほぼ全国民がスマホを持っているのにラジオなんか必要なのか?と思う。ラジオでは得られる情報が少ない上に、こちらの安否や状況を伝える事ができない。

 

防災の知識は古い

多くの日本人は「地震が起きたら机の下に隠れる」と教わっただろう。確かに学校といった建物は耐震性が高く、落下物も少なく、比較的広いスペースなら問題ない。しかしオフィスや自宅では物や什器が多く、特に大地震の際は什器が滑るように動く事から「机の下に隠れる」事がかえって危険である。それよりも物が少ない廊下や玄関に這ってでも移動する方が安全なのだ。

以上の例の様に我々の知識は時代遅れの事がある。ラジオもそうだろう。

 

ラジオの決定的な弱点

救助や支援、またはその可否の判断をするにはとにかく情報が必要だ。特に「どこにいるのか」という情報がなければ消防も自衛隊もNPO法人も動くことができない。災害時には震災地からの情報発信が不可欠だが、ラジオの致命的なな欠点はそこにある。災害発生時に最も重要なのが「早く正確に得れる情報」で、次に助けを求められる環境だ。

f:id:ooparts100:20211112170840j:plain

スマホの災害モード

最近のスマホには「緊急省電力モード」「低電力モード」といった電力を抑える機能がある。緊急時にはこの機能をオンにし情報収集や情報発信を行う。使わない時は電源をオフにし、使用頻度と待機電力を減らしさらに充電を長持ちさせる事ができる。

 

災害時に使えるウェブサービス

スマホでは様々なサービスがある。災害発生時に速報を通知してくれたり、メッセージを残し安否を確認したりと多岐に渡る。
災害用伝言板 災害時に携帯3キャリアで使用可能。テキストを残せる
災害用伝言ダイヤル 171に電話をかけると音声ガイドに従ってメッセージが残せる
災害用伝言板(web171) 誰でも使用できるNTTのサービス
キャリア提供アプリ 各キャリアが提供しているアプリ
エリアメール受信やハザードマップの確認が可能
特務機関NERV防災アプリ 地震や台風、津波といった災害時に通知がくるアプリ
特に地震発生時の通知スピードが早い。Twitterも開設
 

防災を見直そう!

時代によって知識や技術は陳腐化するものだ。アップデートしなけらばならないが、防災もそう言えるだろう。最近は特に地震が多く、南海トラフ地震も危惧されている。これを機に避難場所や防災グッズ、緊急時の連絡方法などを見直したり決めるのがいい。