PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

コスパのいいDVD&Blu-rayドライブを選んでみた

最近のパソコンは薄型・軽量が流行っている。そのためDVDドライブやブルーレイドライブを搭載していない物が多い。ゲーミングPCといったデスクトップパソコンでも搭載されていない事も増え、たまに観たくなるDVDやBlu-rayが再生できない。そこで用途別に合わせ外付けドライブを選定した。

選び方と基準

f:id:ooparts100:20211125162612j:plain

DVD・ブルーレイの外付けドライブは古くから販売されており、購入する製品が新しいものか注意。古い製品は読み込み速度が遅かったり、最新のOSで使えなかったりするのでチェックしておきたい点を上げていく。

 

USBの規格

f:id:ooparts100:20211125162854j:plain

外付けドライブの速度を判断するのに解りやすいのがUSBの規格だ。最新の規格はUSB3.0で、中でもUSB3.1やUSB3.2といった規格は転送速度が早い。

また、ケーブルの端子も要チェックだ。購入前にパソコンに接続できるUSB端子を確認しておこう。最近はUSB-Cタイプしか接続できない事もあり、付属のケーブルがさせない場合は対応しているケーブルも一緒に購入しよう。

 

給電方式

電力をUSBから給電する「バスパワー方式」と、コンセントから給電する「ACアダプター方式」がある。

「バスパワー方式」はパソコンにUSBをさすだけで使用でき、携帯性にも優れている。USBだけでは供給電力が不足したり、パソコンのスペックが低いと十分な電力を供給できずドライブが動作しない場合もあるので注意。

「ACアダプター方式」は主にバスパワー方式で足りない電力を補う際に使用される。ケーブルが2本に増えるので取り回しが悪いがデスクトップパソコンなら問題ないだろう。

 

再生ソフトが付属しているか

f:id:ooparts100:20211125163436j:plain

最近のパソコンにはDVDやブルーレイの再生ソフトが付属していない。DVDならフリーソフトも存在するが、テレビ番組の録画やBlu-ray商品はコピープロテクトがかかっており再生できない事がある。ブルーレイの再生ソフトは意外とお高いので、ソフトを持っていなくてこれから外付けドライブを購入する人は付属ソフトが同梱している製品も検討しよう。

 

対応OS・端末

外付けドライブの中にはWindowsに対応しているが、Macに対応していない事がある。また、商品によってはスマホと接続し音楽を取り込める機能もある。用途にあった製品を選ぼう。

【安さ重視】ノーブランド|CD/BD/DVD再生・blu-ray 外付けドライブ

特にこだわりがなく、安く入手したいならこれ。しかしWin・Macどちらも対応しており、速度も申し分ない。USB-Cタイプも使用できるので最新のパソコンでも簡単に使用できる。価格は5,980円(税込)

再生可能ディスク DVD / Blu-ray
本体側USB/パソコン側USB ---/USB-A及びUSB-C
AC給電 未対応
付属ソフト なし
対応OS・端末 WindowsXP以降、MacOS
価格 5,980円

 

【再生ソフト付き】ロジテック|外付けブルーレイドライブ 

エレコムの子会社であるロジテックの外付けドライブ。再生ソフトが付属しており、再生環境がないパソコンにぴったりだ。とりあえずこれを買っておけばBlu-rayを鑑賞できるという安心感がある。価格は9,480円。

再生可能ディスク DVD / Blu-ray
本体側USB/パソコン側USB Micro USB タイプB / USB タイプA
AC給電 対応(別売り)
付属ソフト あり(Windowsのみ)
対応OS・端末 USBが使用できるWindows、MacOS
価格 9,480円

 

【コスパ最強】アイ・オー・データ|外付けブルーレイドライブ 薄型ポータブル

最新のUSB規格であるUSB3.2に対応しており、消費電力・転送速度が共に大きくなりがちなブルーレイも安定して再生できる。240gと軽量で持ち運びにも便利でビジネスにも使用可。シーンに合わせて黒と白のカラーから選択できるのもポイント。価格は7,980円。

再生可能ディスク DVD / Blu-ray
本体側USB/パソコン側USB Micro USB タイプB / USB タイプA
AC給電 対応(別売り)
付属ソフト なし
対応OS・端末 Windows7以降、Mac OS 10.6以降
価格 7,980円

 

ACアダプタも用意しておこう

電力が足りないと再生が止まったりと正常に動作しない事がある。特にブルーレイディスクは電力の消費が高いので、バスパワー方式では給電が足りない場合がある。再生だけなら問題ない事が多いが、念の為に用意しておくと安心感もある。

Logitec|ドライブ専用電力供給ACアダプタ

Amazonベーシック|USBケーブル(タイプC-MicroタイプB)

 

 

もしBlu-rayの再生ソフトがなくて困っている人は下記の記事を参考にされたし。