PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

【2021年最新版】コスパ最強のおすすめ外付けHDDを紹介 選び方のポイントも解説!

f:id:ooparts100:20211130105355j:plain

仕事やプライベートでパソコンを使っているとどうしても貯まるのがデータ。書類や動画、思い出の写真はなかなか捨てられません。そこでアマゾンで発売されている最新のコスパのいいハードディスクを探しました!

外付けhddの選び方

容量

まずはどれだけ入るかが重要です。最近のハードディスクは容量が大きいのもばかりなので、値段重視で選ぶのがポイント。容量が1TBの商品と4TBの商品だと値段が変わらない事があり、その時は大きい容量の物を買うとオトクです。ちなみに1TB(テラバイト)は約1000GB。容量が多すぎてわかりにくいですが、スマホの通信量は5GBぐらいです。

メーカー

ハードディスクはメーカーによって性能が変わります。定評のあるメーカーは安定した性能を発揮し故障も少ないです。

BUFFALO

f:id:ooparts100:20210831201252j:plain

パソコン周辺機器の大手で、コスパのいい製品を出す事で定評があります。新技術を採用した製品も多いですが、当たり外れもあるので購入前にレビューを確認しましょう。

 

WD(ウェスタンデジタル)

f:id:ooparts100:20210831201219p:plain

ストレージ(HDD・SSD)で最も信頼できるメーカーです。非常に高い品質を誇り価格も比較的安価なのでコスパがいいと言えます。ストレージはこのメーカーを使うという人も多く世界中で愛用されています。

 

Transcend

f:id:ooparts100:20210831201240j:plain

低価格のSDカードやUSBメモリを出しています。衝撃性を高めた商品といったニッチな製品を製造しているので、コアなファンも多いです。

 

ポータブルか据え置きか

f:id:ooparts100:20211130110015j:plain

大きく分けて持ち運びが便利なポータブルタイプのものと、媒体が大きい据え置きタイプがあります。ノートパソコンや外出先で使うならポータブルタイプを。デスクトップパソコンやレコーダーに使用するなら据え置きタイプを選びましょう。

 

おすすめHDD

【Amazon.co.jp限定】バッファロー|外付けハードディスク4TB

最もコスパがいいハードディスクです。特にAmazonのセールの時は最安値になり、一番安いHDDなのに性能も悪くないです。会社で数を揃えたい時、とにかく安いハードディスクが欲しい時、とりあえずハードディスクが欲しい時はコレを選べば間違いなしです。価格は8,900円(セール時は7,980円)。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

WD|デスクトップHDD 10TB

動画編集やデザイン、3DCGといった業種はデータが重く保存にも苦労します。そんな時は容量が大きくて、安定性が良くて、壊れにくいHDDが欲しいもの。そこで最も信頼性の高いWD(ウェスタンデジタル)が販売するハードディスクがおすすめです。大容量でありながらコンパクトで置き場所に困らず、放熱といった設計自体にもこだわりが見えます。性能を優先したいならこの商品。価格は21,930円。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

Transcend ポータブルHDD 2TB 耐衝撃 スリムタイプ

コンパクトで持ち運びができるタイプでおすすめなのがこの商品です。耐衝撃性に優れており、落としたりぶつけた時にも安心です。メーカーも信頼性の高く3年保証もあるので、無茶な扱いをしなければ長く使う事もできます。しかしケーブルの品質にバラツキがあるので買い直した方がいいでしょう。価格は8,780円。

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

外付けHDD選びは値段重視

最近はHDDの性能が頭打ちしています。つまりどの外付けハードディスクを選んでも大容量で性能がいいのばかりで、値段で選んでも失敗しにくいです。コスパ重視で買いましょう!

 

関連記事