PCライフハック企画!

デジタル関連の情報を発信します!

あの日見たSSDの小型さを僕たちはまだ知らない

https://m.media-amazon.com/images/I/61VzGYkgl3S._AC_SL1500_.jpg 

バッファロー 超小型SSD USB3.2 Gen1

最近の電子機器の進化はめざましい物があり、その代表例として「小型SSD」があります。単純にSSDを小型化したものですが、USB程度のスティック型に収まっているのは驚きです。

速度は最大約430MB/s。容量は「250GB」「500GB」「1TB」から選択可能で、価格はそれぞれ4,980円、8,480円、15,480円。

欠点は放熱が上手く行かない事による熱暴走みたいです。Amazonのレビューによるとシートシンク(放熱板)を取り付ける事で改善できるようですが、面白い試みですね。

アイネックス AINEX M.2 SSD用ヒートシンク

f:id:ooparts100:20210908165504p:plain

 

このSSDの使い方としてはテレビやレコーダーの容量&読込速度改善。ゲーム機、サーバーといったパソコン以外でSSDを使い時に便利ですかね。テレビ番組を他の機器で再生したい時は特に便利かも。